引き出物選びであまりよろしくないこと

現在ではあまり引き出物選びについて何がダメとか言うことは無くなってきているのですが、今でも田舎とか、古い仕来りなどを重んじている家庭や家系などでは、引き出物選びについてタブーとされている事もあるようですので、一応知識を深めると言うことで紹介しておきますね。

大体引き出物選びでタブーとされている基準としては、語呂が一般的にあまり好まれていない物だったり、引き出物に選んだ物から想像されることがあまりよろしくないことな場合など、色々あります。

不吉な語呂は避ける

不吉な語呂の引き出物

例えば一番身近な物として、包丁やはさみなどの刃物ですね。これらは、刃物は切れる=縁が切れる、と言うことを連想させる物なので、引き出物としては、あまり好まれていなかったとされているようですが、今ではそれらの種類はキッチン用品の範疇として選ばれているのであまり気にすることは無いようです。

他にタブーとして扱われている例として、物では無いのですが、「去る」物を連想させる物を送ってはいけない、と言われていたり、重箱なども引き出物として送ってはいけないと言われていたようですね。去るを連想させる物は直ぐに分かると思うのですが、猿などの絵柄が入った引き出物の事ですね。

恐らくそれは今でも簡単に連想できる事ですので避けているはずです。重箱に関してですが、これは離婚や再婚を連想させるからだそうです。何故離婚や再婚を連想させるのかというのがよく分からないのですが、兎に角あまりよろしくない物のようです(笑)

しかし、何度も言っているのですが、最近ではこれらの語呂などはあまり重要視されなくなった為、選ぶ側もそこまで拘り過ぎなくても構わないという風になってきています。ですから、多少語呂が悪かったとしても引き出物選びで一番大切な事は「相手に喜んで使って貰える」と言うことなのです。
海外旅行保険を何社も見て決めるように、引き出物もじっくり考えましょう。

変わりつつある引き出物事情

また、最近では、引き出物に対する考え方が変わってきていて、珍しい考え方もいくつかあるようです。例えば、結婚披露宴で出す料理を更に豪華にして、引き出物は簡素な物にするという考え方や、出席する人の年齢などに合わせていくつかの引き出物のセットを用意しておいて、年齢に合わせて渡すようにする。

または、普段はお目に掛かれない(あっても買わない)食品などを引き出物として渡し、家に帰ってから一家が一つの話題として持ち出せるような物を引き出物として選んだりと、引き出物に対する考え方というのは、日々進化し続けていると言うことですかね。珍しい食品を引き出物にするというのはなかなか面白い発想だと思いますがね。