引き出物のマナー

引き出物を選ぶ際や渡す際にもマナーがあると言うこと、ご存じでしたか?出産祝いにもマナーがあるように引き出物にもマナーがあります。恐らく引き出物の種類や選び方の知識については誰もが喜んでもらう為に調べたりすると思いますから知っていると思います。しかし、その事を調べることに集中しすぎて引き出物のマナーについては調べていない、と言う方が多いと思います。

と言うかマナーがあると言うことを知っている人の方が少ないように思えます(笑)ですから、結婚式の当日になって失敗してしまわぬように事前にしっかりチェックしておきましょう。(引き出物については、一昔前とは大きく変化した引き出物の歴史と傾向で詳しくご紹介!)

渡し方についてにマナー

まずは引き出物の渡し方についてのマナーですが、覚えておいて欲しいのですが、基本的に結婚式の引き出物と言いますのは、記念品という目的ではありますが、来賓者からのご祝儀に対して渡す意味合いもこもっていると言うことを忘れてはなりません。

例えば、結婚式の来賓者が1人で来て一つのご祝儀を渡した場合、引き出物の数は一つでも構いません。これは皆様当たり前ですよね。では、夫婦で一つのご祝儀を渡した場合、引き出物をどう渡したら良いのか分かりますか?・・・2つ渡す。と答えた人は間違いです。夫婦でご出席されたとしても、渡されたご祝儀が一つなのですから、引き出物は一つで十分なのです。

夫婦には豪華な引き出物をプレゼント

十分なのですが、ここで注意しなければならないことを一点。夫婦でご出席した方には、渡す引き出物は一つでも、中身は1人で来賓した方の引き出物より豪華にした方が良いと言うことです。

1人で来てる人には十分豪華な引き出物かも知れませんが、夫婦でご出席頂いたのに1人で来賓している人と中身が同じ内容の引き出物では、少し物足りなく思ってしまうかも知れません。それに、少しランクを上げてやることによって、夫婦への印象が変わると言うこともよくありますので、気を付けておいた方が良いでしょう。

注文のマナー

また、引き出物を注文する際にもマナーがあるのです。これは考えてみるとごくごく当たり前のことですが、その当たり前も結婚式準備の忙しさで忘れてしまうかも知れませんのでここで確認して下さいね。

引き出物を注文するときは、大抵は結婚式場の引き出物コーナーで行うというのが一般的です。しかし、その引き出物コーナーだけでは必ずしも自分が引き出物に選びたい物が無いかも知れません。そう言うときは引き出物コーナーの担当に聞いてみると良いでしょう。奇抜な物で無い限り、大抵の物は注文可能なはずです。

しかし、ここで注意しなければならないことは、結婚式の直前になって注文してはならないと言うことです。引き出物コーナーに用意されている物なら間に合うかも知れませんが、注文するとなったらまず間に合うはずがありません。引き出物というのは一つや二つではありません。

一ヶ月前までは連絡を

早めの連絡

来賓する方達の数だけ引き出物を注文するのですから、それなりに量も多くなります。ですから、最低でも一ヶ月前までには担当者にその旨を伝えておいた方が良いかと思われます。

そして、その際に参加する大体の人数も言っておいた方が良いでしょう。そして、招待客の人数が決まり次第再度担当者に伝えましょう。しかし、もしも貴方が引き出物には奇抜な物を送りたい、と言うのであれば、引き出物コーナーで注文したり用意することは出来ませんので、自分で用意しなければなりません。

しかし、用意した際に、式場側から持ち込み料が取られるということや、或いは持ち込み禁止という可能性も無いとは言えません。ですから、その点については事前に式場側と話し合って確認を取っておくと良いでしょう。