引き出物の基礎知識

結婚式の引き出物

引き出物という言葉には、元々2つの種類があるそうなのですが、ここでは「結婚式の引き出物」に付いての知識の説明をさせて頂きますね。現在の引き出物と言えば何か記念品などを詰めて来賓者に渡すという物ですが、一昔前の引き出物はそうではなく、結婚披露宴の中で出品された料理を折り箱(弁当箱)に詰めて持ってかえってもらうという物を引き出物と総称していたらしいです。

それが何故今は記念品を持ってかえってもらうようになったのか。それは、日本の経済事情と大きく関わっていることで、バブル景気により、結婚式が従来より華やかになっていくにつれて、引き出物が記念品であると言う意味合いが強くなっていったからだと言われています。この引き出物についてですが、お祝いが多いか少ないかによって引き出物が少なくなるかと言ったらそんなことは無く、お祝いが多いか少ないかは関係なしに、引き出物は「記念品」である為、結婚披露宴の出席者には一律に配られるというのが、日本での通例となっています。

また、引き出物は、以前は大きくて重たい物が来賓者には好まれる引き出物とされていたのですが、最近では遠方からわざわざ来て下さる来賓者の方々に難儀をさせてはいけないと重めの引き出物はあまり好まれず避けているという傾向があるようです。

引き出物のパッケージ化

最近では引き出物をパッケージ化した物も多々見受けられるようになり、式場や冠婚葬祭業者によってはカタログの中から好きな引き出物を選んで注文することが出来る「カタログギフト」の需要も増えてきている模様です。

包装に関しての知識ですが、引き出物にラッピングを施した後、表に「寿」という文字を入れ、結びきりで紅白か金銀の水引を付けます。ここに結婚した二人の名前か、もしくは性を書くのが一般的。引き出物というのは元々自宅に持ち帰ってもらうのが目的の為、包装した後には風呂敷で包むか、持ち帰りようの紙袋を用意しておくと言うのが通例となっています。

こうして見ると一昔前と今では引き出物の考えについて大きく変わっているところがいくつか見受けられますよね。昔は割れ物は縁起が悪いと選ばなかった時代でしたが、現代ではそのような事はなく、喜ばれるものであれば、バカラのグラスやティファニーの食器でもいい訳です。管理人が物心付いたときにはもう引き出物と言えば記念品が主流でしたから、料理を持ってかえるなんて想像も付きませんでしたね。でも考えてみると、料理を持ってかえって消費するというのも食材を無駄にしないエコだと思いません?今では料理を持ち帰るなんて殆ど行われていないと思いますが、また持ち帰るような風習が復活したらいいのになぁって思います。