カタログギフトの知識

カタログギフト

最近冠婚葬祭の席でカタログギフトを使うという事が増えてきています。恐らく見たことのある人や利用したことのある人も中には居るかと思います。

カタログギフトというのは、祝い事などで、引き出物の代わりとして用意されている物で、このカタログを自宅に持ってかえってもらってそれから来賓者自信で引き出物の内容を選んで備え付けのはがきに記入して投函し、後日選んだ引き出物が届く、というものです。

このカタログギフトの利点としてあげられることは、まず、送る側としては選ぶ手間が省けて、引き出物選びに失敗することが無いというのが一番の利点でしょう。今まで、これらの贈り物に関しては選ぶ側はよかれと思ってチョイスした物でも、受け取る側からしてみたら、全く利用価値がなかったり、最終的には処分に困ってしまうなど、色々な問題が発生していました。

しかし、このカタログギフトでは、選ぶのに苦労するという送る側の問題と、使い道に苦労するという受け取る側の双方の問題を解決できる物であるわけです。結婚式の段取りに関しても、カタログギフトにしておけば、話し合いの手間も省けますし、受け取る側も自分好みの贈り物を選ぶことが出来るので、どちらにもメリットがある選択肢なのです。

品揃え豊富なカタログギフト

このカタログギフトの利点としてもう一つ挙げられることが、「品揃えの多さ」です。基本的に結婚式の引き出物などで言うと、食器などの家具類が基本的な物だったのですが、このカタログギフトだと、生活雑貨などの日用品は基本中の基本で、様々なアクセサリーや趣味的な物、全国の地酒や特産品、紀州の梅干し、更には温泉やホテル、エステ、レジャーランドの利用券、そして引き出物などの贈り物としてはまずあり得ないであろう肉や魚などの生鮮食品など、実に様々なギフトがカタログの中から選べると言うことです。

商品を選ぶ際には送る側が予めお店のプランの中から価格帯を予め設定している為、その価格帯用のカタログというのがあります。ですから、カタログ内から商品を選ぶ際には、基本的にはカタログに記載されている商品ならどれでも選べるようになっているのです。このようにまとめられてあると、注文の時のミスなどが無いので、利用する側としても選びやすいですよね。

地域にも普及したカタログギフト

しかし、一般的にカタログギフトが普及してきたとはいえ、地域などによっては、あまり好まれなかったりすることも事実です。昔の贈り物と言えば、大きくて重い物が良かったとされているので、カタログギフトを手渡されるなど言語道断!という事も十分あり得るのです。というかあるらしいです。

実用性よりもこれまでの伝統などを大事にしている地域などではカタログギフトはあまり好まれていないようですが、このような地域はごくわずかで、今では殆どの地域でカタログギフトが重宝されているというのが現状のようです。多少の思い違いはあるにせよ、カタログギフトが便利だと言うことは紛れもない事実ですので、皆様も機会があれば利用してみてはどうでしょうか?